積み木の家

監視カメラで住宅の安全を守る|色んな防犯対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドアの防犯対策を行なう

ドア

ドアが開きにくくなったり、立て付けが悪くなったりするとドア修理を検討することがあります。修理を行なう際に合わせて行なうと良いのが防犯対策です。ドアというのは自分が出入りする他にも家族が出入りする大切な場所です。1人暮らしの場合はしっかりと施錠できていないと、空き家などに入られてしまう可能性があります。そのようなことにならないためにも修理の際に、防犯対策を一緒に行なうのがおすすめです。修理の際に合わせてできる防犯対策には下記のようなものが挙げられるでしょう。まずはじめに「1ドア2ロック」です。シンプルですが非常に効果のある防犯対策です。補助錠を取り付けることでピッキングや、サムターン回しなどに破られにくくすることができるでしょう。多数のドアに対応しているのも特徴的です。場合によっては賃貸住宅でも取り付けることができるので大家さんと相談することをおすすめします。
修理の際にできる防犯対策は他にもあります。それは「防犯プレート」です。古いドアの場合、隙間ができて鍵の部分をバールでこじ開けられることがあります。それに対して防犯プレートは非常に有効的です。取り付けが簡単なのもメリットの1つでしょう。最後に修理の際に合わせて実施したい防犯対策が「防犯ドアスコープ」です。一般的なドアスコープは外から容易に外されてしまうことがあります。そうなれば外から中を覗かれてしまうので、空き巣のターゲットになりやすいです。防犯ドアスコープを修理時に取り付けることで上記のような行為を未然に防ぐことができるのです。